アンダーヘアの自己処理法


脱毛サロンや美容外科に行って処理するのが正しいのは理解しているつもり。しかし、同性だとしても他人にデリケートゾーンを見せたり処理してもらうには、ちょっと勇気が出ない。しかし、アンダーヘアの自己処理法も数多くあり、どれが自分に合うのか、本当に安全なのかも不安。

アンダーヘアを自己処理する時、どの方法が良いのでしょうか?

手軽なアンダーヘアの自己処理法

太くて丈夫なアンダーヘア。それぞれの処理法の特徴を知って行えば、安全に自己処理ができます。今回は、すぐ始められる自己処理法をいくつか紹介していきます。

アンダーヘアをカットする

アンダーヘアの自己処理法

アンダーヘアのカットは、自己処理法ではもっとも手軽な方法です。ご家庭にあるハサミで長くなったアンダーヘアを切り揃えるだけでも、充分な自己処理になります。

長いままにして垂れ下がっていませんか?女性の身だしなみとして、たらりと長いままにしておくのはあまりよろしくありません。適度な長さに切り揃えましょう。

どんなハサミでも構いませんが、安全面を考えて、刃先が丸くなっているハサミがおすすめです。

カットするとチクチクしてしまうので、毛先をヒートカッターで丸く仕上げましょう。

アンダーヘアをすきバサミで処理

美容室や床屋で使われる、すきバサミを使っての自己処理法です。はさみのように完全にカットするわけではありませんが、アンダーヘアの量を減らせるので、自己処理前と比べると見違えます。

最近では、プロ用の高額なすきバサミだけでなく、ドラッグストアに求めやすい値段で販売されています。

もし、すきバサミを使うのが面倒という方はすきカッターを使うのもありです。コームに刃が内蔵されているので、とかすだけでアンダーヘアの量を減らせます。アンダーヘアの多い人にはおすすめの方法です。

シェービング

シャービングは、アンダーヘアに止まらず他の部分のムダ毛を処理する時にも1番行われる自己処理法ですね。

アンダーヘア用の電気シェーバーがもっともおすすめです。

カミソリは、刃が3~4枚の物やシェービング剤がいらない物などがあります。しかしカミソリでの自己処理は、さまざまな問題が発生してしまうリスクがあるのであまりおすすめできません。

デリケートゾーンに直接当たるので。シェービングでの自己処理の際は、皮膚を切らないよう細心の注意を払いましょう。

薬剤を使った自己処理法

脱毛ワックス

よく耳にするのが、ブラジリアンワックスですね。

粘着力のある脱毛ワックスをアンダーヘアの処理をしたい部分に塗り、毛根から引き抜く自己処理法です。毛抜きで自己処理をすると、数本ずつしか抜けないので、時間がかかってしまいます。脱毛ワックスを塗ると一気に処理が可能。

かなり時間が短縮できます。ただし誰もが想像する通り、脱毛ワックスでの自己処理は痛みを伴うので、覚悟が必要ですね。

除毛クリーム

自己処理したい部分にクリームを塗り、時間を置いてからシャワーなどで洗い流す自己処理法です。肌の表面に出ているアンダーヘアを溶かすので、量を減らせます。

ワックスやクリームなど薬剤を使う場合は、先ずは他の部分の肌でパッチテストをしてから使用して下さい。

自己処理法の使い分け

アンダーヘアの自己処理法

今回は2タイプ、5種類の方法を紹介しました。しかし、どの方法にも長所や短所があり、アンダーヘアを処理する最終的な目的も違ってきます。どの方法を選んだら良いか迷ったら、以下の事柄を考えてみましょう。

  • 肌があまり強くなく敏感である
  • 形をきれいに整えたい
  • アンダーヘアの自己処理に慣れてない又は初めて
  • 一定の期間アンダーヘアをなくしたい

肌が敏感な人カットするかすく

ハサミはデリケートゾーンに直に当てずカットできる上、痛みを伴わないので、肌へのダメージが1番少ない自己処理法です。

カミソリや電気シェーバーの刃は直に肌に当たり、アンダーヘアだけでなく、薄い皮膚層も削ってしまうリスクがあります。慣れていない方は無理に行わない方が良いでしょう。

除毛クリームはデリケートゾーン専用の脱毛剤がありますが、太いアンダーヘアを溶かしてしまうほどの強い薬品です。肌が弱くない人でも、少ししみたりするという話も…。

脱毛ワックスも、1度に強い力でアンダーヘアを引き抜くので、痛みに加えて肌へのダメージも大きく肌トラブルを招くリスクがあります。

形を整えたい人はシェービング

シェービングの長所は、自分の好みの形や長さに決められる点です。その上、特別な道具も技術も必要ないので、アンダーヘアの自己処理に慣れてない人には行いやすい自己処理法です。

アンダーヘア用のシェーバーを使用しましょう。

一定の期間アンダーヘアをなくしたい人は脱毛ワックス

Tバックのようなセクシーな下着を着たい、可愛いビキニを着たいなど、デリケートゾーン周辺が人目に付く機会がある人は、脱毛ワックスでの自己処理法をおすすめします。

脱毛ワックスはカットやシェービングと違って、毛根からアンダーヘアを引き抜いてきれいにします。頻繁な自己処理を要せず、ツルツルの状態。

完璧にアンダーヘアを自己処理したい人のための処理法とも言えます。

アンダーヘアの自己処理のあとは必ず保湿を

アンダーヘアをはじめムダ毛の自己処理を行なったら、必ず保湿を行いましょう。

アンダーヘアの処理後は、角質を痛めてしまっている場合が多くあります。乾燥して黒ずみの原因になる可能性もあるので、保湿は入念に行う必要があります。

それぞれの自己処理法の特徴、アンダーヘアをどんな感じに処理したいのか。それらを明確にして方法を選べば、アンダーヘアの自己処理がスムーズに行えます。

デリケートゾーンは大変敏感な場所なので、どんな自己処理もくれぐれも慎重に行うようにしましょう。